本当かよ?

  • 2015.02.14 Saturday
  • 20:08
先月の18日日曜日に川越市立美術館及び博物館に行ってきました。
目当ては私の好きな画家相原求一朗の絵を見るためです。以前、何かの機会に相原求一朗の絵好きだなと母に話したところ、母のおぼろげながらの記憶によると、母の叔父にあたる人の家の離れを人に貸していたことがあり、その人の名前がたしかアイハラキュウイチロウだったような、しかも絵を描いていたと私に話した。そのとき本当かよと思ったが、実は相原求一朗は川越の出身で川越商業高校を卒業している。母の叔父の家も川越商業高校の近くにあります。もしかしたらアトリエとして借りてそこで創作活動をしていたのかもしれない。その可能性も無きにしも非ずです。母は亡くなってもう確かめる術はありませんが、
普段母の記憶力が良かったのは確かです。
相原求一朗は1918年川越生まれ、四十半ば過ぎに北海道に渡り冬の情景をたくさん描いています。
冬の北海道の風景が心に響きます。川越市立美術館に自作を寄贈しています。美術館の人に聞くと、年に3回彼の作品を入れ替えて展示しているそうです。
秋気澄む.1984年 油彩 130.3×162.1

幸福駅.1992年 油彩 78.5×115.5

題名ははっきり覚えていませんが斜里岳を描いたものだと記憶しています。

こちらの3点の作品は川越市立美術館の所蔵ではありません。あるビルのロビーに飾られていたもので、
前出の母との会話の元になった作品です。
コメント
相原さんの絵、また東山魁夷の趣とは違って、厳しい感じがいいねえ。さて、ついていったチンドン屋さんの奥さんの着物の柄まで、覚えていたお母さんの記憶だから、まず、間違いない。問題は、いつ、どこでだ。きんごさんの家だと推察するけど、離れ、なんてあったっけ。サスペンスドラマめいちゃうけど、我々が生まれる前の昭和21〜27年ころのことだろうか。相原さんが、北海道へ移られる前の可能性大、健子おばさんなら、もしかして知っているかもしれないね。ぜひ、はっきりさせたい事案だ。
相原さんの絵、東山魁夷とは少し、趣が違って何か緻密で、厳しさを感じさせるところが良い。さて、追いかけていったチンドン屋さんの奥さんが、着ていた着物の柄まで、覚えているお母さんのことだから、その話は、九分九厘、本当に違いない。きんごさんの家だと思うけど、離れなんて、あったっけ? 問題は、いつだけど、昭和21〜27年あたりか。多分、相原さんが、北海道に移住する前だと思う。健子叔母さんに尋ねれば、わかるかも。
サスペンスドラマじゃないけれど、是非解決を、見たいもの
たしかに相原さんの絵は北海道の冬の自然の厳しさを感じさせるところが良いです。兵役で22歳から4年間満州で過ごした原風景と北海道の自然が重なっているようです。「幼年時代に私が見た冬の落日から闇に至る瞬時の灰色の世界が、幻影となって、いつまでも私の脳裏に焼き付いて離れない。」と本人の回想の言葉から類推すると、相原さんにとっては川越、満州、北海道と原風景が繋がっているのではないでしょうか。
  • 高橋義博
  • 2015/02/16 12:51 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM