NHKスペシャル 人工知能 天使か悪魔か

  • 2017.07.01 Saturday
  • 18:26

先日、NHKスペシャル「 人工知能 天使か悪魔か」を興味深く見ました。前もって番組表でチェックして期待していたのですが、予想以上のおもしろさで、いろいろと考えさせられました。(言い回しとして、期待していたのですが〜期待はずれだったと結ぶべきか)番組では佐藤天彦名人VS将棋ソフトPONANZAの戦いを軸に羽生善治さんの解説などを交えて構成されています。前々から将棋には興味があり、毎年電王戦の結果を楽しみにしていました。数年前まではコンピューターとプロ棋士が勝ったり負けたりと記憶しています。去年、今年と人工知能の圧倒的な勝利です。ここ1、2年で人工知能は驚くべき進化を遂げています。

もちろん将棋だけでなく社会のあらゆる場面で利用され、進出しているようです。

私が最も興味をひかれたのは、人工知能の世界的権威の博士が開発している人工知能ロボットと博士との会話の風景です。会話の内容もさることながらそのロボットの表情の豊かさには大変驚かされました。

新しい時代の波が来ているなと強く感じました。

話は変わりますが、6月の日曜日に渋谷で開催されていたオリエント工業40周年記念「今と昔の愛人形」展に行って来ました。平たく言ってしまえばラブドール展、昔で言うダッチワイフですね。前々から興味があり、私の年代としては多少の恥ずかしさもあったのですが、好奇心が勝り思い切って行ってみました。

ラブドール展の盛況さには驚きです。午前中に整理券をもらい3時間後に入場可能ということで、時間をつぶさなくてはなりませんでした。以前ラブドールを使ったアート作品も知っていましたし、ダッチワイフを題材とした是枝監督の映画「空気人形」も心に残りました。篠山紀信もラブドールの写真集を出しているようです。なんだかんだ言ってもあんたは結局はエロ目的でただのエロオヤジだろうと言われればまあその通りで認めるしかありません。ただエロスは人間を語るうえで、根源的な要素であることは間違いありません。以前東京で開催された春画展も驚異的な観客動員数であったと聞いています。万人が興味あることには間違いないでしょう。ラブドール展の会場では若い女性の多さと、加えてとても明るい立振る舞いに圧倒されました。堂々とした高齢者の方々も多少は見受けられましたが性に関して恥ずかしさと多少の後ろめたさを感じるのは私だけでしょうか。展示会を見終わって「今と昔の愛人形」のタイトルにもあるようにラブドールの進化も半端ではありません。容姿が美しく作られていることはもちろんですが、肌に触れた時のリアルさなどもとことん追求している姿勢が伺えます。解説を読み進めていくと購入者のなかには単なる性欲のはけ口だけでなく心のつながりを求めている人も珍しくないようです。映画「空気人形」にも扱われていた題材です。

進化の著しいリアルなラブドールやNHKスペシャル「 人工知能 天使か悪魔か」に出てきた人工知能搭載の表情豊かなロボット。いろいろな技術が合体され開発されれば、子供の頃胸を躍らせて夢中で読んだ手塚治虫の鉄腕アトムの世界がいよいよ現実味を帯びてくるのでしょうか。対ロボットとの関係で性欲が満たされたり、会話などにより心が癒されたりすれば、何かと面倒な人間同士の恋愛関係を敬遠する若者も出てくるかもしれません。人間とロボットの恋愛が成り立つ時代が来るのかも知れません。人間同士のつながりにも影響がありそうです。今話題の老人の孤独死問題などにもうまく活用できるかもしれません。いろいろな可能性が広がります。番組の最後に「人工知能は天使か悪魔か今はまだ分からない。ただ進化は止まらない。」と締め括っています。

子供時代はテレビや電話の出現に心を踊らされました。近年ではパソコンやスマホの普及、そしてこれからは人工知能の進化など、私が生きているうちにどれだけ世界が変わるのだろう。いくつまで生きられるかは誰にもわかりませんが、ぎりぎりまで好奇心を失わず時代を見届けたいものです。しかも楽しく。

菅実花 ラブドールは胎児の夢を見るか?メイキング映像ダイジェスト

下の3枚の写真は「今と昔の愛人形」展の会場で携帯で撮った写真です。

 

 

コメント
前にも、ちょっと書いた記憶が、あるんだけれども、厚労省が行っている年金運用が、こうも、うまく行っているわけが、わかった様な気がします。結論から言うと、AIとそれを見つめる優秀なトレーダーがいるためといって過言ではないと思います。
この15年間、100兆円の年金を140兆円に増やしました。損を出したには2回だけ、リーマンショックと中国経済発展の限界が見えた時だけ。それぞれ、赤は、6兆円くらいです。後の年は、全部儲けの年です。政府も厚労省に、年2〜3兆円は儲けてくれと命令しています。最近、アベノミクス効果で、リスキーな株式投資にお金が集中して、国債対株式が、70兆対70兆になっています。これができたのも、AIという武器があるおかげでしょう。ところが、昨日の都議選、自民党の惨敗で、国政としての自民党自体の基盤も大きく揺らいできました。千代田区の内田議員の後継の女の子ですら、落選、もう小池都知事を脅かす存在は、何もありません。前の石原都知事と比べ、100倍くらい都知事として働いているようです。彼女は、内田議員が、支配する議会では、絶対に先はないと考え、都民ファーストのトップに敢て立ちました。結局、いち早く都議会自民党を取るに足らない政治集団にまで貶めてしまいました。そしてこれは、猪瀬、舛添元都知事には、絶対できない振る舞いでもありました。
>正博さん 人工知能が投資に活用されていることは間違いないでしょう。あらゆるデータを入れて競馬予想などのギャンブルにも活用されているかもしれません。AIはたくさんのデータから確率をはじきだすのはめちゃくちゃ得意でしょう。昔正博さんが花札のおいちょかぶで確率が高い掛け方、回数を重ねるほど、その方法で勝てると言っていたのを思い出しました。ちょっとギャンブルの面白みが薄れてしまいそうです。
ただAIに第六感や虫の知らせが働くわけではありませんからまだ人間が参加できる余地はありそうです。
番組ではAI政治家の構想も出てきました。個人や特定の団体の利害を排除した真の民主主義の実現に役立てる。ただあくまで最終的に判断するのは人間。と締め括っています。
どんな複雑な機械も人工知能も人間にとってはひとつの道具として如何に有効に活用するかということが大切ということなのでしょう。
ただ人間そっくりのロボットと生活していたら情が移ってしまいそうです。それがこの記事のひとつのテーマでもあります。もっと科学が進歩して人工細胞、人工生命の時代が来るとしたらどうなるのでしょう、想像もつきません。
  • 義博
  • 2017/07/03 6:23 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM