久しぶりの読書

  • 2019.04.14 Sunday
  • 20:00

普段はほとんど読書をしません。

インターネットでほぼ日刊イトイ新聞の今日のダーリンは毎日更新され,欠かさず読んでいます。糸井重里さんの人柄がうかがえる良い文章です。その関連でほぼ日の学校長だよりで「吃音−伝えられないもどかしさ」近藤雄生著が紹介されていました。昔から所謂あがり症を自覚していたので、「吃音」の題名がちょっと気になり図書館で借りて読んでみることにしました。久しぶりの読書で少なからず感銘を受けました。

前々から思っていましたが、人にはなかなか外からは窺い知ることのできない悩みをそれぞれが抱えているものだなと改めて感じました。そして私が人として一番大切だと思う「やさしさ」がやはり間違いではないなと再認識させられました。大げさになってしまいますが、「やさしさ」が人類の未来を救うと言っても過言ではないのではないでしょうか。(ややこしい言い回し結局過言ではない)

そしてみんなが幸せにならなければなりません。

因みに私はちゃんと実践出来ない半端者です。

この時期桜以外の花達

 

 

 

 

 

コメント
*なるほどね。こちらも大体パソコン情報で足りてしまうから、めっきり読書はしなくなったなあ。でも、今、バロック音楽以前のルネッサンス、中世の音楽について書かれた本を読んでいます。

また、ブログの右側は、情報欄になっているんだけれど、ブックマークという部分を三年ぶりに大きく変えました。自分なりにインパクトのある記事を載せているわけですが、今回は、今、世界でコルトレーンも取り上げた、My favorite things が、大流行。アメリカの安室奈美恵と呼ばれているアリアナという名の少女歌手が取り上げたことで、火がつきました。あと、グールドのイタリア協奏曲がインパクトあるかな。
  • galwayera
  • 2019/04/15 8:19 AM
読書も結構気力がいります。昔から読書量は少なかったですが、最近は益々減っています。しかし今回久しぶりに読んだ「吃音」はよい本でした。読書も映画もコンサートも展覧会ももっと増やした方がいいですね。
  • 義博
  • 2019/04/15 12:19 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM